D部門コンクール

8月2日
D部門のコンクールがさいたま市文化センターで行われました。
26人で出場し、福島弘和の「百年祭」を演奏しました。

当日は、朝学校に集合して基礎練習から合奏まで行って、会場に向かいました。
会場に着くと緊張感が増しましたが、自分たちで立てた予定通り平常心で行動しようと心がけました。

チューニングルームに入りチューニングを行い、小ホールでリハーサルを行いました。学校で本番通りのチューニングの練習を行っていたので、大きな問題も無く舞台袖まで行きました。

舞台袖での待機時間が重要です。きちんと自分で集中力を高め本番を迎えます。セッティングも練習通り行い、いよいよ演奏です。ポロポロと細かいミスはありましたが、大体いつもどおりの演奏ができました。

表彰式の時間を迎え、銀賞を頂く事ができました。
雨が降ってきそうになったため、急いで学校に戻りました。見に来て頂いた保護者の皆様には、ご挨拶ができずに申し訳ありませんでした。

学校に戻り、講評を読んだりCDで演奏を振り返ったりして反省会を行いました。
コンクールのメンバーを発表してから今日まで、まるで別人のように成長した人が何人もいました。3年生がいない中、自分たちで何とかしなければと必死で活動しました。
今回のコンクールで学んだ事を、今後の活動につなげていきたいと思います。

コンクール地区大会

8月6日

A部門の地区大会がさいたま市文化センターで行われました。
当日の午前中はホールで練習して、会場に向かいました。昼食をとり楽器を搬入し、予定を粛々とこなしました。
舞台袖では集中力を乱すこともなく良い状態で待機できていました。

いよいよステージに向かいセッティングを行い、さあ本番!と思ったら、フルートの譜面台のネジが止まらない!少し焦りましたが、譜面台を交換して頂いてようやく演奏スタート。

課題曲も自由曲もつぎはぎがいっぱいある演奏でしたが、今の時点の力は発揮できた演奏でした。まだまだ消化不良というか手が行き届いていない音がたくさんあります。心置きなく気持ちよく演奏できる状態ではありませんでした。

表彰式で金賞の声を聞いた時はうれしさ反面、練習を続けられる事にほっとしました。県大会では少しでもやりきった状態で、今度こそ気持よく演奏したいと思います。

応援に来てくださった保護者の皆様、卒業生の皆さん、ありがとうございました。

吹奏楽コンクール県大会

8月12日

A部門の県大会がさいたま市文化センターで行わました。
朝6時半に学校に集合して、呼吸練習や基礎合奏・曲の合奏を行いました。良い意味で適度に緊張感のある合奏でした。
楽器の搬出も合奏終了から30分かからずに終えることができ、回数を重ねるごとにスムーズにできるようになりました。
電車で南浦和まで移動して、いつものように準備を行いました。県大会だけに多くの方が来場されており、ここで演奏できる事は幸せだなと感じました。
音出し・チューニング・基礎合奏・曲合奏を行い、いよいよ本番。いくつかミスはありましたが、ほぼ予定通りの演奏ができました。

結果は銀賞でした。展示室でミーティングを行ったのですが、みんな今までこんなに泣いたことが無いくらい号泣していました。悔しかったのと、これでこのチームは解散してしまう寂しさと、特に3年生はお別れしなくてはならない悲しさで泣きました。
みんなで泣けるというのは、それだけ頑張った証拠です。「最高の音楽を全員で」という部活の目標に向かって、チーム作りや練習を行って来ました。コンクールの結果は満足いくものではありませんでしたが、チームとしてはかなり成長したと思います。
3年生はこれで引退です。残された1,2年生はここからスタートです。良い夏でした。

学校説明会

8月24日

越谷コミュニティセンターで本校の学校説明会がありました。午前と午後の入れ替え制で行われ、たくさんの中学生やその保護者の方が来場されました。

吹奏楽部は校歌紹介と歓迎演奏という形で参加いたしました。3年生が引退して初めての本番です。
まず、ピアノ伴奏で校歌を3番まで全部歌いました。言葉を合わせるのが大変難しく、苦労しました。改めて発音の大切さを確認しました。
続いて、D部門のコンクールで演奏した「百年祭」を全員で演奏しました。この曲は創立100年目にして廃校になってしまう学校の吹奏楽部に向けて書かれた曲です。越谷南高校は38年目ですが、100年いやそれ以上歩んで行けるように願いを込めて演奏しました。

行動の計画や演奏面において3年生にはまだまだ及ばないものの、何とか自分たちでやろうという気持ちが少し芽生えた本番でした。去年と同じは最低ライン、去年より良くて当たり前という気持ちで文化祭や冬のコンサートに向かおうと思います。

たくさんのご来場、本当にありがとうございました。来春、ぜひ一緒に活動しましょう!

校歌
プロフィール

koshinanwind

Author:koshinanwind
ようこそ!越谷南高校吹奏楽部へ
「最高の音楽を全員で!」を目標に日々がんばっています。
トラブル防止のため、コメントやトラックバックは受け付けておりません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター